[記事公開日]2018/11/29

【詐欺・ウイルスに注意!】AMAZONカスタマーサービスを語るフィッシング詐欺メールにご注意ください。

アマゾンを語るフィッシング詐欺メールが届きました。
メール本文に書かれているリンクをクリックして、アマゾンのユーザー名とパスワードを入力すると
その情報が盗まれる仕組みになっていると思われます。


メールタイトル:Amazon 緊急の通知 異常な活動 – アカウントを保護して下さい。
差出人:amazon00001110@b9.coreserver.jp

本文:
Amazon.com

アカウントが一時的に停止されました。

これは通常、次のいずれかによって引き起こされます。
・複数のログイン失敗

・不正確なアカウント情報

・不正なアカウント操作

・認識されていないデバイスからログインしてください

あなたのアカウントにログインし、以下のリンクをクリックすることで解決し

ログイン

あなたの詳細を保護するだけで完了するまで数分かかります。
宜しくお願いします

AMAZONカスタマーサービス


この手のフィッシング詐欺メールはよくある

今回はアマゾンですが、楽天、Yahooなどいくらでもあります。
この手の詐欺メールは、不安を煽り、ユーザー名・パスワードが盗まれたように装う事もあります。

定期的なパスワード変更も必要ですが、とにかく怪しいメールは開かない。見ないで捨てる事も大切です。
自分で判断ができない場合は、周りの人に相談してみてくださいね!

ユーザー名とパスワードが盗まれると、どんな被害が・・・?

ユーザー名・パスワードを使い不正ログインされる可能性があります。
登録されているクレジットカードで買い物をされてしまったり、ポイントを使われてしまうケースもあるようです。
他には、抜き取ったユーザー名・パスワードを使い、いろいろなところでログインされてしまう可能性もあります。

最近では、ユーザー名がメールアドレスになっているケースが多く、パスワードも使いまわしているケースが多いようです。
抜き取られたユーザー名とパスワードを使って、A、B、C、D、Eと色々なところでログインを試みるかもしれません。
ユーザー名とパスワードが他の所も同じだった場合、被害は深刻です。
なかなかすべての所で、ユーザー名とパスワードを別々にする事は大変だと思いますが、パスワードだけは使いまわし危険です。

関連記事

メニューリスト

すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る