[記事公開日]2022/03/16
[最終更新日]2022/03/23

Optiplex3010 SFF CPUFAN交換方法

DELL OPTIPLEX3010 SFF cpufan交換・修理手順を写真&動画で紹介
カラカラ、ガー、ガリガリという音がパソコン本体からするようになったら、CPU FANの故障かもしれません。
放置すると、CPUからの熱を排熱できなくなってしまいます。

cpufanの役割

cpufanの役割とは
CPUから発生する熱を排熱する装置です。

cpufan故障時の症状

cpufanが故障すると・・・下記のような症状が出たりします。
・ガリガリ、ガーという異音
・パソコン起動時にFAN ERRORが発生
・パソコンに負荷をかけると電源が落ちる
・パソコン内が高温になる

交換するときの注意点

OPTIPLEX3010 SFF cpufan交換の注意点
OPTIPLEX3010 SFFのcpufanは
ケーブルが細いため、取り外す際は破損に注意

OPTIPLEX3010 SFF cpufan交換・修理手順(写真&手順紹介)

サイドカバーを開きます。

今回交換するCPU FANはこの部分です。
コネクタがハードディスクの下にある為、はーDVDドライブとハードディスクを取り外す必要があります。

DVDドライブを取り外します。

ハードディスクを取り外します。

ハードディスクを取り外すと、CPU FANのコネクタが見えてきます。
優しく取り外してあげてください。
(無理に引っ張るとチギレマス・・・)

続いて、CPU FANを固定しているネジを外していきます。

ネジを外したら、CPU FANを持ち上げて外します。

Optiolex3010のCPU FANは意外と大きいです。
異音で交換するケースが多いですね。

裏側はこんな感じになっています。

CPU FANを取り外した後、下にはヒートシンクがあります。
この部分、かなりほこりがたまるのでこの機会に清掃をお勧めします。
また、CPU FANについている金属のカバーも外します。

交換するCPU FANに金属のカバーを取り付けてます。

CPU FANに2か所突起物があります。
これを矢印のようにはめ込みます。
(うまくはまらないとCPU FANが固定できません)
CPU FANのケーブルもマザーボードに接続します。

CPU FANを固定していきます。ネジは5か所です。

ハードディスクを取り付けます。

DVDドライブを取り付けます。

DVDドライブ、ハードディスクのケーブルが正常に取り付けられているか確認します。
それ以外も、外れていたり、ゆがんでいないかを確認します。

サイドカバーを取り付けて作業完了です。

OPTIPLEX3010 SFF cpufan交換・修理手順(動画)

さいごに

さいごに
CPU FANはCPUを冷却する為に必要な部品です。
カラカラと音がしているうちはまだいいのですが、症状が進むと回転しなくなったりもします。
CPU FANが回転しなくなると、CPUが冷却できなくなってしまい結果的にパソコン故障を引き起こす可能性もあるので、異音やFAN ERRORが出たら早めの交換をお勧めします。

 

DELL Optiplex3010 SFF 他の分解手順

関連記事

プロフィール

こんにちは、天衣れもです。

パソコン修理や交換・分解・トラブル対応方法等も
私自身忘れてしまう事もある為、記事や動画にして残しています。
同じようなトラブルで困っている方の役に立てれば嬉しいです。
記事へのリンクは自由にどぞ~!(Twitterなどで一言頂けたら嬉しいッス)
 
すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る