[記事公開日]2022/06/15

Windowsが起動した後、とにかく動きが遅い場合の対処方法

Windowsが起動した後、とにかく動きが遅い場合の対処方法

こんにちは、天衣れもです。
今日は、パソコンの動きが遅い場合の対処方法を紹介していきたいと思います。
 
パソコンの動作の早い/遅いは人それぞれ感じ方が違います。
しかし、ストレスを感じるくらい遅い場合は、パソコンに何らかの問題があるケースも多いです。
 
お役に立てたらうれしいです。
 

もくじ

パソコンの動きがとにかく遅い!

まずパソコンが遅いと一言で言っても、色々なケースがあります。

・電源を入れてからデスクトップ画面が出るまですべてが遅い!
・ログイン画面までが遅い
・ログインしてからが遅い
・デスクトップが表示してからが遅いなど

そして、同じ動きが遅い症状であっても、原因は別だったりしますし
違う症状でも同じ原因という事もあります。

Windowsが起動した後、とにかく動きが遅い場合の原因とは

Windowsが起動した後、とにかく動きが遅い場合に考えられる原因を一つ一つ紹介したいと思います。

スタートアップに登録されているプログラムが多い

スタートアップに登録されているプログラムが多いと、Windows起動後にスタートアップに登録されているプログラムも起動します。
そのため、スタートアップに登録されているプログラムが多ければ多いほど、起動に時間がかかります。

Windowsシステムが古い

Windowsシステムが古い場合、他のプログラムとの相性により動きが遅くなってしまう場合があります。
もし、他のプログラムとの相性の問題で動きが遅くなっている場合
Windowsを最新のバージョンにすることで改善するかもしれません。

セキュリティソフトのバージョンが古い

使っているセキュリティソフトが古いバージョンの場合
Winodwsシステムとの相性が悪く動きが遅くなってしまう場合があります。

ドライバが古い

使用しているドライバのバージョンが古く
ドライバとWindowsシステムの相性が悪く、動きが遅くなってしまう場合があります。

メモリが不足している

Windowsは定期的にアップデートが行われます。
そして、セキュリティソフトやインストールしているプログラムも同じくアップデートされていきます。
そのため、最初のころは足りていたメモリが、いつの間にか足りなくなり
常にメモリ不足状態になっている場合もあります。

ハードディスクやSSDの劣化や故障

ハードディスクやSSDはデータを保存する装置です。
写真やドキュメントファイルだけではなく、Windowsシステムもハードディスク/SSDに保存されます。
そのハードディスクやSSDが劣化したり故障したりすると
読み込み/書き込み速度遅くなってしまい、その結果
Windows自体がの動きが遅くなってしまう事もあります。

Windowsシステム自体の破損

Windowsアップデートの失敗や、強制終了により
Windowsシステムが壊れてしまう場合もあります。
Windowsシステムが壊れてしまうと、動きが遅くなったり、正常に起動しなくなったり
Windowsの一部機能が使用できないなどの症状が発生したりします。

ウイルスや迷惑ソフトが入り込んでいる可能性

ウイルスや迷惑ソフトの感染が原因で動きが遅くなっている場合もあります。
お使いのドライバが古いです とか、お使いのパソコンはレジストリが破損していますとか
システムが破損していますとか表示される場合は注意です。

Windowsが起動した後、とにかく動きが遅い場合の対処法

いろいろな原因があるため、色々な対処法があります。

パソコンを再起動してみる

パソコンを再起動してみます。
一時的な問題であれば、パソコンを再起動するだけで症状が改善する事もあります。
再起動時に、システムを更新しています等の表示が出た場合は何回か再起動してみます。

スタートアップに登録されているプログラムを無効にしてみる

パソコンが起動すると、スタートアップに登録されているプログラムが起動します。
そのスタートアップに登録されているプログラムの数が多ければ多いほどパソコンの起動に時間がかかります。
 
スタートアップに登録されているプログラムで、必要なさそうなものを無効化(停止)することにより
動作がその分軽くなります。
逆に、停止しても動作が軽くならない場合は、別の所に問題があると思われます。

スタートアッププログラムを無効化する
スタートアッププログラムの有効/無効にするためにはタスクマネージャーを起動します。
タスクマネージャーの起動は、Ctrl+Alt+Deleteキーを同時に押すと起動できます。
 
スタートアップのタブをクリックして、無効化したいプログラムを右クリックして無効化します。

スタートアッププログラムを有効にします。
一度無効にしても、再度右クリックしてあげれば有効にすることができます。

ハードディスク/SSDの劣化・故障がないかどうかを調べてみる

ハードディスク/SSDの劣化や故障が原因で動きが遅い場合
何度も再起動や色々な操作を行っていると、症状が悪化してしまう可能性もあります。
そのため、再起動を行っても症状が変わらなければ
一度ハードディスク/SSDの診断を行う事をお勧めします。

Windowsイベントビューアを確認してNTFSやDISKエラーの有無を確認する

ハードディスク/SSDに問題が生じていると、Windowsイベントビューアに
NTFSやDISKエラーが書き込まれることが多いです。

NTFSエラー
WindowsイベントビューアのNTFSエラーと警告
※NTFSエラーや警告=ハードディスク/SSDが故障とは限りません

DISKエラー
※DISKエラーや警告=ハードディスク/SSDが故障とは限りません
DISKエラーに関しては、「デバイス \Device\Harddisk3\DR3 に不良ブロックがあります」といった表示がされます。
「\Harddisk0や\Harddisk1」の場合は、Windowsがインストールされているハードディスクに問題がある可能性もあります。
NTFSやDISKエラーや警告が多くある場合は、ハードディスク/SSDに問題があるかもしれません。

ハードディスク/SSDの健康状態を確認する

ハードディスク/SSDの健康状態を確認する事ができます。
ハードディスクが故障していないかを確認する方法
>>ハードディスクが故障していないかを簡単に確認する方法

ハードディスク/SSDのセクタをスキャンして不具合がないかを確認する

ハードディスク/SSDのセクタをスキャンして、不具合箇所を調べたい場合は下記からどうぞ
>>簡単にハードディスクの不良セクタを調べる方法

最新の状態へアップデートしてみる

最新の状態へアップデートすることで、動きが遅い症状が改善するかもしれません。

Windowsをアップデートしてみる

Windowsのアップデートは
Windowsメニュー→設定→更新とセキュリティ→Windows Updateから行います。
更新プログラムのチェックをクリックして、更新プログラムがないかどうかを確認します。
使用しているWindowsシステムのバージョンが低い場合、自動でアップデートできない場合もあります。
その場合は、手動でWindowsのアップデートを行います。

セキュリティソフトをアップデートしてみる

お使いのセキュリティソフトが最新バージョンかどうかを確認します。
通常はどのセキュリティソフトもヘルプから、アップデート情報や現在のバージョン、アップデート等が確認できると思います。
古いバージョンのセキュリティソフトは、悪さをする場合もあるため
必要に応じて、一度アンインストールして、再インストールすると症状が改善する事もあります。

ドライバをアップデートしてみる

使用しているドライバのアップデートについては、基本
そのパソコンのメーカーページから、ドライバをダウンロードできるケースが多いです。
パソコンのメーカーページに進んで、最新ドライバをインストールします。

プログラムをアップデートしてみる

プログラムのアップデートで改善する可能性もあります。
特に、クラウド系プログラムのバージョンが低いと、パソコンの動作に悪影響与える事もあります。
(クラウド系プログラムが古く、Windowsのバージョンが新しい、もしくはその逆で、症状が発生する事もあります)

<<主なクラウドサービス>>
・OneDrive
・dropbox
・Google Drive
・iCloud

ウイルススキャンを行ってみる

ウイルスフルスキャンを行います。
合わせて迷惑ソフトがないかどうかも確認します。
迷惑ソフトがあれば、アンインストールしてみます。

Windowsが起動した後、とにかく動きが遅い場合の対処法を試しても改善しないときは

ここから先は、作業を行うと症状が悪化したりパソコンを分解したり、システムをいじったりします。
自分でやるのが不安だ・・という方は、プロに任されたほうがいいと思います。

メモリの交換/増設してみる

使用しているメモリを取り外して違うメモリに交換してみる。
もしくは、メモリの増設を行う。
もしも、メモリ不足が原因の場合はこれで改善されます。

Windowsシステムを修復してみる

Windowsシステムの修復などを行う。

・chkdsk /f c:
・chkdsk /r c:
・sfc /scannow
・dism /online /cleanup-image /restorehealth
 
症状が悪化する場合もあるため、システム全体のバックアップを取ってから行う事をお勧めします。

Windowsシステムの復元をしてみる

Windowsシステムの復元で症状が改善する事もあります。
ただ、システムの復元中にエラーが出てしまうと、パソコンが立ち上がらなくなってしまう可能性もあります。

Windowsの再インストールやリカバリをやってみる

Windowsの再インストールやリカバリを行うとデータが消えてしまうため
データバックアップをしてから、再インストールやリカバリを行います。

ハードディスク/SSDを交換してみる

ハードディスク/SSDの交換を行い、Windowsの再インストールやリカバリ作業を行います。
これで改善する可能性は高いです。

まとめ

Windowsが起動した後、とにかく動きが遅い場合であっても考えられる原因はたくさんあります。
原因がすぐに見つかるケースは良いのですが、なかなか原因が見つからないケースも実際おおいです。
また、切り分けを行う為に切り分け用部品が必要となる場合もあります。

関連記事

プロフィール

こんにちは、天衣れもです。

パソコン修理や交換・分解・トラブル対応方法等も
私自身忘れてしまう事もある為、記事や動画にして残しています。
同じようなトラブルで困っている方の役に立てれば嬉しいです。
記事へのリンクは自由にどぞ~!(Twitterなどで一言頂けたら嬉しいッス)
 
すべてを開く | すべてを閉じる

もくじ

ページ上部へ戻る