[記事公開日]2022/03/31
[最終更新日]2022/05/06

電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する !原因と修理・解決方法は?

電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する

 
ある日突然 パソコンの電源を入れたら・・・あれ?
電源ボタンを押すと一瞬だけLEDが点灯する。
 
すぐにLEDは消えてしまいパソコンが立ち上がらない。
復旧できるケースもありますし、修理しないと直らない事もあります。
また、電源ボタンをおして一瞬だけLEDが点灯する場合でも、その後の症状は何種類かあるようです。
 
電源ボタン押してLEDが一瞬点灯した後の症状は、何種類かありました。
 
1.再度電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する(同じ症状)
2.再度電源ボタンを押してもLEDが点灯しない
3.一度電源ボタンを押すと、LEDが点灯→LEDが消灯→LEDが点灯を繰り返す。
 
1.と3.は、部品交換を行わずに復旧できる事もありますが、2番の症状に関しては復旧できたケースは殆どなかったと思います。
2.のケースは、バッテリーや電源をすべて取り外してあげると、再び症状が発生します。
 
過去に1.の症状でノートパソコン修理の対応を行いましたが、最終的にスピーカーの故障で、1.の症状が出ていました。
スピーカーを接続すると症状が発生して、スピーカーを外すと症状が改善する
非常に珍しいケースでしたが、一つ一つの切り分けは大切です。
 
今回は 電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する 場合に考えられる原因と修理・解決方法を紹介します。

電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する 原因

電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯するのと同じような症状であっても、原因はいろいろあります。
実際に「電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する」を対応した経験を元に記事を書いていますが、色々なケースがあるため参考程度に考えていただければと思います。

(電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する)
電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する で考えられる原因・故障部品・トラブル症状
 
1.ACアダプターの故障(ACアダプタ使用PC)
2.CMOS(ボダン電池)の消耗など
3.パソコン部品の接触不良
4.パソコン部品の故障
5.電源ユニットの故障(電源ケーブル使用PC)
6.CPUの故障
7.マザーボードの故障
 

 

注意事項

考えられる原因・故障個所・切り分け方法は参考程度で考えていただければと思います。
ご自身での修理・対応などは自己責任でお願いします。

電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する 切り分け前の準備

症状を書き出してみる 超オススメ
電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯するについて
 
・いつまで問題なかったか
・いつから症状がでたのか
・頻度はどのくらいなのか
・症状の変化はどうなのか(良くなったり・悪くなったり)
・何か思い当たる事など(ソフトを消した、インストールした等)
 
これらの情報があると後で役に立ちます。

電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する 切り分け方法

ACアダプター交換をしてみる

ACアダプター交換
 
ACアダプターの
ACアダプタはコネクタの形状が一致すれば、別のパソコンや別の型番でも動作確認は可能です。
 
ACアダプター交換の対象パソコンは、もともとACアダプターを使用しているパソコンに限ります。(主にノートパソコンや一体型パソコン)
デスクトップパソコンは、ACアダプタではなく電源コードのケースが多いです。
 
電源コードで接続されている場合は、ACアダプタの代わりに電源ユニットが搭載されています。
 
【注意点】
切り分け時に交換するACアダプターのアンペアは気にする必要ないですが、実際に交換して使い続ける場合は注意が必要です。
 
今まで使っていたACアダプタのアンペアを下回らないようにします。
アンペアが足りないと、パソコンの電源が途中で落ちてしまったり、充電しているのにバッテリーの残量が減ったりします。
 
ACアダプタにはアンペアが記載されています。
電圧が違うものもありますが、接続できないので特に気にする必要はないと思います。
 

CMOS(ボタン電池)クリア・交換をしてみる

CMOS(ボタン電池)クリア・交換
 
CMOS(ボタン電池)を一度取り外し(クリア)で改善するかどうかを確認します。
クリアで改善できない場合は、CMOS(ボタン電池)の電圧が正しいものかを確認します。
 
CR2032は電圧が3.3Vですので、電圧が下がっている場合はCMOS(ボダン電池)を交換します。
ボタン電池タイプ(CR2032)であれば、どこでも手に入ると思いますが、コネクタ接続タイプだとなかなか手に入らないかと思います。
(同じ機種や近い機種から一時的に借りてくる方法もあります)
 
マザーボードに直付けされているものは、ハンダを使わないと取り外せないものもあります。
 
【注意点】
CMOS電池の取り外し・取り付けを行う際、取り付け部分の破損に気を付けます。
またコネクタタイプのものは、特に気を付けます。

パソコン部品の組み直しをしてみる

パソコン部品の組み直し
 
パソコン部品の接触不良でも、電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する症状が発生したりします。
 
>>組み直しとは
 
接触不良が原因で電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する場合は、パソコン部品の組み直しで改善することもあります。
 
【注意点】
組み直しを行う場合は、パソコン部品の破損に気を付けます。

パソコン部品の故障をしてみる

パソコン部品の故障
 
パソコンは複数の部品が集まっています。
そのパソコン部品のどこかで不具合が生じている場合、最小構成で不具合個所を特定します。
 
>>最小構成とは
 
最小構成とは、パソコンを起動する為に必要な最低限の部品構成で起動させる方法です。
最小構成で不具合が改善した場合、取り外したパソコン部品の中に不具合があると考えられます。
 
この場合は、最小構成から一つ・一つ部品を戻し→動作の確認→一つ戻し→動作の確認と繰り返していきます。
 
【注意点】
最小構成を行う場合は、パソコン部品の破損に気を付けます。
 

電源ユニット交換をしてみる

電源ユニット交換
 
電源ユニットはACアダプタを利用していないパソコン(主にデスクトップや一体型パソコン)で使用されています。
 
電源ユニットはいろいろな形状やワット数があります。
自作パソコンやタワータイプのパソコンは、ATXという規格の電源ユニットがよく使われます。
切り分け時に使う電源ユニットは、同じ規格でなくて大丈夫です。
(マザーボードのコネクタと同じコネクタであればOK)
 
【注意点】
交換修理を行う場合は、同じ規格(ATXならATX、専用規格なら専用規格)を選びます
(違うと取り付けられないことが多いため)
ワット数に関しては、もともと搭載されているものと同じか大きいものを選んでおけば間違いないです。
 

CPUの交換をしてみる

CPUの交換
 
CPUはパソコンの機種により、マザーボードと一体になっているもの、取り外しができるものに分かれます。
マザーボードと一体になっているものは、取り外しができません。
マザーボードごと交換が必要です。
 
【注意点】
CPUを交換する場合は、取り付けを行うマザーボードで交換するCPUが対応しているかを確認します。
同じ世代であってもi3は搭載可能、i7は搭載できないもしくは、動作が不安定になるケースもあります。
(BIOSのアップデートで改善・搭載できるようになるものもある)
 
※BIOSのアップデートが失敗すると、マザーボード交換が必要です。

マザーボード交換をしてみる

マザーボード交換
 
マザーボードは同じ型番を選びます。
パソコン部品にはそれぞれ部品番号というものがあります。
ただ、マザーボードの入手は難しいケースが多いです。
(自作パソコンやBTOパソコンのマザーボードは入手しやすいです)
 
【注意点】
マザーボードを交換するとWindowsライセンスが外れることや、インストールされているプログラムでライセンス認証が再度必要になることもあります。
 

まとめ

まとめ
今回は、電源ボタンを押すとLEDが一瞬点灯する症状が発生した時の切り分け・修理方法を紹介させていただきました。
 
切り分けの手順は、パソコンの状況や症状によって前後したり、飛ばしたりすることもあります。
 

 

一覧
  • 投稿が見つかりません。

関連記事

プロフィール

こんにちは、天衣れもです。

パソコン修理や交換・分解・トラブル対応方法等も
私自身忘れてしまう事もある為、記事や動画にして残しています。
同じようなトラブルで困っている方の役に立てれば嬉しいです。
記事へのリンクは自由にどぞ~!(Twitterなどで一言頂けたら嬉しいッス)
 
すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る