[記事公開日]2018/07/30

インターネットに繋がらない:自分のIPアドレスを確認する方法

インターネットに繋がらないと一言で言っても、様々な原因が考えられます。
まずは自分のIPアドレスが表示されるかどうかの確認を行います。

インターネットに繋がらない場合、まずは自分のIPアドレスが取得できるかを確認します。

自分のIPアドレス確認方法

画面はWindows10の画面です。
使用されるWindowsによって操作方法は多少異なる可能性がございます。
今回はWindows10を使って自分のIPアドレスを確認する方法をご紹介します。
Windowsマークの所にマウスカーソルを当て、右クリックします。

次に、ファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行の画面が表示されたら、「cmd」と入力します。

上記のような画面が表示されます。
画面が表示されたら「ipconfig」と入力します。

画面に「ipconfig」と入力し実行(エンターキー)すると、画面に表示されます。
自分のIPアドレスが表示されます。
この場合、自分のIPアドレスは「192.168.1.13」となり、デフォルトゲートウェイは「192.168.1.1」となります。

表示内容により、この後のインターネット切り分け方法が異なります。

IPアドレスやデフォルトゲートウェイが表示されない場合

ipconfigを打っても、IPアドレス、デフォルトゲートウェイが表示されない。
もしくは、何も表示されない場合、ネットワーク機器(ルーター、ホームゲートウェイ・モデムなど)に接続されていません。
パソコン側に問題がある可能性

IPアドレスが表示される場合

192.168.xx.xxなどIPアドレスが表示され、デフォルトゲートウェイが表示されている場合
ネットワーク機器(ルーター・ホームゲートウェイ)までは接続されている可能性が高くなります。
ブラウザ(インターネットエクスプローラー)などに問題がある場合、Windows側のトラブル、ウイルス、ウイルス対策ソフトなどを含めて様々な原因が考えられます。
再起動を行う事で改善されるケースもあります。

IPアドレスやデフォルトゲートウェイが表示されない場合

IPアドレスが169.254.xx.xxになっている場合、インターネットに繋がりません。
169.254.xx.xxの「xx.xx」は、数字が色々表示されたりします。
例えば、169.254.1.1だったり169.254.66.66だったりするので、先頭の169.254から先の数字については気にする必要はありません。
LANケーブルの不具合(有線接続場合)、Wifi(WLAN)装置の不具合、ルーターの不具合などが考えられます。
稀にパソコンのLANジャック部分の破損もあります。

関連記事

メニューリスト

すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る