[記事公開日]2022/03/10
[最終更新日]2022/03/14

Gmail宛てにメールを送ると Returned mail: see transcript for details 550-5.7.26が返ってくる

Gmailへメールを送信した後に送られてきたメール

Gmailに送信するとエラーになる
(Returned mail: see transcript for details 550-5.7.26)

2022年3月以降、Gmailにメールを送るとエラーが発生する
というご相談を多くいただくようになりました。

gmailにメールを送ると、このようなタイトルでメールが返ってきます。
Returned mail: see transcript for details

件名 Returned mail: see transcript for details

The original message was received at (この後に日付情報が入っていると思います)
from メール送信に使ったサーバー名[IPアドレス]が表示されていると思います。

<<実際にGmailへメールを送信した後に送られてきたメール内容>>

メールタイトル:Returned mail: see transcript for details
The original message was received at Wed, 2 Mar 2022 10:10:12 +0900 (JST)
from xxxx.yyyy.ne.jp [999.999.999.999]
※xxxx.yyyy 999.999.999.999 はメールサーバとIPアドレス

 
—– The following addresses had permanent fatal errors —–
<????@gmail.com>※????は送信したメールアドレス
(reason: 550-5.7.26 This message does not have authentication information
or fails to)
 
—– Transcript of session follows —–
… while talking to gmail-smtp-in.l.google.com.:
 
550-5.7.26 This message does not have authentication information or fails to
550-5.7.26 pass authentication checks. To best protect our users from spam,
the
550-5.7.26 message has been blocked. Please visit
550-5.7.26 https://support.google.com/mail/answer/81126#authentication for moretp
554 5.0.0 Service unavailable
 

要するに、Gmailがお宅のドメインはブラックリストに登録したので、メールを拒否します
という事らしい。

GoogleでSPFレコード・Gmailユーザーへのメールブロックに関する記事がありました

Googleに「SPFを使用してなりすましと迷惑メールを防止する」という情報がありました。
https://support.google.com/a/answer/33786
SPFレコードが登録されればGmailが弾かれるトラブルは解決するかもしれません・・・
(実際に解決したかどうかが分からない為、解決するかも・・という書き方とさせていただきます)

Googleに「Gmail ユーザーへのメールがブロックまたは迷惑メール扱いされないようにする」という情報がありました
https://support.google.com/mail/answer/81126
参考になるかもしれません・・・

SPFレコードが登録されているかどうかを調べる方法

自分のドメインはSPFレコードが登録されているかどうかを調べる方法

下記のWEBサイトから、自分のドメインがSPFレコード登録されているか調べられます。
https://mxtoolbox.com/spf.aspx
Domain Nameの所に自分のドメインを入力します。
私のサイトはすべてOKでした。
(SPFレコードの設定をしましたとレンタルサーバー会社から連絡もありましたし)

お問い合わせ頂いた方々のドメインを確認したところ、SPFレコードは登録されていませんでした。
SPFレコード登録されていない=すべてで弾かれてしまう。という分けではなさそうですが、多少なりとも影響はありそうです。

で対処する方法ですが、送信元メールアドレスのドメインを管理しているところに連絡します。
独自ドメインであれば、レンタルサーバのサポートですし
プロバイダが発行しているメールアドレスを使っているのであれば、プロバイダのサポートです。

※自分で調べてやるのはお勧めしません(よほど詳しい方であれば、できると思いますが・・・)

ドメインとは

ドメインとは、メールアドレスで言えば、@の後の部分を指します。
メールアドレスが下記の場合

****@****.com であれば ****.comがドメイン
****@****.jp  であれば ****.jpがドメイン
****@****.ne.jp であれば ****.ne.jpがドメイン
****@****.co.jp であれば ****.co.jpがドメイン
****@yahoo.co.jp であれば yahoo.co.jp がドメインとなります

レンタルサーバーリンク先一覧

レンタルサーバーのリンクを用意しました。
ご自身が契約しているレンタルサーバに連絡してみる事をお勧めします。

レンタルサーバーのリンク先は下記からどうぞ!

レンタルサーバのリンクを張っておきます。(2022年3月10日時点)(あいうえお順)
<<新しいウインドウで開きます>>

現時点でできる対処方法

2022/03/14追記)さくらインターネットで解決

さくらインターネット(レンタルサーバー)利用の方から、解決したとご連絡を頂きました。

さくらインターネット利用・解決方法
独自ドメインを利用でレンタルサーバーは、さくらインターネットを利用
gmailにメールを送信すると「Returned mail: see transcript for details 550-5.7.26」が返ってくる。
解決方法は、さくらインターネット・ブラックリストに登録された場合の対処方法から解決できました。
『ブラックリストの登録解除をご希望の場合は、必ず弊社にご依頼ください。』とWEBサイトに記載されている為、さくらインターネットを利用されている方は、サポートにお問い合わせください。
サポートに問い合わせ後、数日で対応が完了し、現在は今まで通りメールが届くようになりました。

他のレンタルサーバーも同じような対応になるのではないかと思います。
情報がありましたら、教えて頂けるとありがたいです。
(Twitterからお願いします)

メール送信相手にGmailのアドレスではなく、違うメールアドレスを教えてもらう

現実的には厳しいかと思います。
もっているメールアドレスがGmailだけという方もいますし
1人1人連絡を取って、別のアドレスを教えてもらうというのはかなり手間も時間もかかると思います。
かなりメンドクサイっす・・・

送信元のメールアドレスを変更する

現在送信できないメールアドレスを別のアドレスに変更して送信する方法です。
ただ、同じドメインのメールアドレスだとエラーになる可能性が高い為
別ドメインのメールアドレスを使う必要があると思います。
(別ドメインのメールも弾かれる可能性ありますが・・・)
SPFレコードが登録されているドメインなら大丈夫かも・・たぶん

Gmailのアドレスを取得してそこから送信する

現時点で、この方法が一番だと思います。
とりあえず新しいGmailアカウントを作成して、メールソフトで使えるように設定する
それを使いつつ、レンタルサーバやプロバイダに対応してもらうのがお勧めです。

>>gmailアカウントの作り方(googleアカウントの作り方)
ThunderbirdでGmailを設定する方法はコチラ (近々記事と動画を公開します)

最後に

SPFレコードが登録されていないドメインをお持ちの方は、
なるべく早くSPFレコードが登録されるよう
管理者に連絡する事をお勧めします。
(順番にSPFレコードを登録している所もあるようです)

ただ、どのくらい時間がかかるかが分からない為、
Gmail宛てにメールが送れるようになるまで
Gmailのアドレスを取得して使った方が良いかと思います。
(あくまでも私個人の感想です)

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事

プロフィール

こんにちは、天衣れもです。

パソコン修理や交換・分解・トラブル対応方法等も
私自身忘れてしまう事もある為、記事や動画にして残しています。
同じようなトラブルで困っている方の役に立てれば嬉しいです。
記事へのリンクは自由にどぞ~!(Twitterなどで一言頂けたら嬉しいッス)
 
すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る