[記事公開日]2021/11/02
[最終更新日]2021/11/16

PC故障例#5 inspiron 24 5477 aio 本体から変な音(異音が発生)

形状・スペック情報はメーカーページからどうぞ
https://www.dell.com/ja-jp/shop/cty/pdp/spd/inspiron-24-5477-aio

パソコンを起動するとDELL inspiron 24 5477 aio の本体からブーン・カラカラと異音が発生するとの事
パソコン自体は正常に起動するものの、今後の事を考えると心配とご相談を頂きました。
今回は、 inspiron 24 5477 aioで異音が発生したときに考えられる不具合・故障について書きたいと思います。

inspiron 24 5477 aioの異音原因を確認するには

まずは異音の発生源を特定しなければ、修理はできませんからパソコンを分解しながら確認していきます。
分解をする場合は、静電気防止対策は忘れずに!

この機種は、パソコン背面の足の周りにあるカバーを取り外してから足を取り外します。
足はネジで固定されているのでドライバーを使って取り外します。
足を取り外したら、背面のカバーを取り外します。
(爪があるので、外すときは破損に気を付けて!)

背面のカバーが外れたら、一度パソコンを起動します。
パソコンを起動させて異音がどこから発生しているかを確認します。

この時、冷却ファン付近から異音が発生している場合は、冷却ファンを停止させて異音が改善するかどうかを確認します。
inspiron 24 5477 aioに搭載されている冷却ファンは1つ為、ブーン、カラカラといった異音はほとんどこいつが原因です。
余談ですが、音の種類によって原因部品が結構変わります。
参考になれば

  • ブーン・カラカラ→冷却ファン
  • キーン・カリカリ・ギギ→ハードディスク
  • ジー・キュー→画面パネル

さて、異音の発生原因が分かったら
その部品を修理するか、交換するかになると思います。
中には修理できるものもありますが、基本的には交換になる事の方が多いかも
ハードディスク本体や液晶パネル本体を分解して修理する事はほぼ不可能(-_-;)
冷却ファンであればファン本体を分解して、清掃・グリスの塗り直しで復旧するときもあります。
(ただ、改善しない時の方が多い為、やっぱり交換・・・になるケースが多いかも)

異音の原因が分かったら、部品の形状を確認して部品のパーツ番号を確認する

異音の原因が分かったら、その部品に書いてある 型番やパーツ番号を確認しよう
自分で修理する場合も、修理を業者に依頼する場合も型番が分かった方が修理時間が短縮されるケースが多いので
可能であれば、部品の表、裏の写真とコネクタの形状の写真を撮っておくと、後で確認する際に便利です。

パソコンは同じ型番なのに、搭載部品が若干違うというケースはたまにある為、注意が必要です。

修理・交換について

修理・交換について。
静電気防止対策は必ず行ってくださいね!
自分で修理する事が不安な方は、メーカーや修理業者に依頼した方が良いと思います。
実際に多いケースは、インターネットの情報をもとにやってみたけど、なおらなかった。というご相談です。
なおらないだけであれば良いのですが、別の所が壊れてしまったというケースもありました。

もちろん、万が一壊れても授業代として考えられる方は、問題ありません(笑)
今後、パソコン修理や分解に詳しくなりたい人は、とにかく分解・分解・分解あるのみです。

関連記事

プロフィール

こんにちは、天衣れもです。

現在パソコン修理やトラブル対応の仕事に従事しています。
対応した件数は5000件以上です。
このブログでは、パソコントラブルや故障対応のノウハウを公開しています。◆動画も公開中◆

すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る