[記事公開日]2021/11/03
[最終更新日]2021/11/16

PC故障例#6 Pavilion 13-an1000 充電コネクタが破損

形状・スペック情報はメーカーページからどうぞ
https://jp.ext.hp.com/notebooks/personal/pavilion_13_an1000/

HP Pavilion 13-an1000シリーズを使用中、誤ってパソコンを落としてしまった。
その後、充電ケーブルを接続しているいるにも関わらず
バッテリーの残量が少なくなり、最後は電源が落ちてしまったとご相談を頂きました。

HP Pavilion 13-an1000が充電できない原因とは

パソコンを落とした時、パソコン側の電源差し込み部分の破損もしくは、ACアダプターのジャック部分が破損している可能性が高い。
ACアダプター側の破損か、パソコン側の破損かを確認する必要があります。
ACアダプター側の破損であれば、ACアダプターの交換で済みますが、パソコン側の破損であれば修理が必要です。

HP Pavilion 13-an1000が充電できない時の切り分け方

今回は、パソコンを落としてから充電ができない為、ACアダプターの破損もしくはパソコンの電源差し込み部分の破損が考えられます。
上記の前提がある場合は、ACアダプターから先に切り分けを行います。
別のACアダプターを取り付けてみて、ゆるみ・ぐらつきが無いかを確認
そして正常に充電できるかどうかを確認します。
可能であれば、内蔵バッテリーを取り外して、ACアダプターだけでパソコンが起動できるかどうかを確認できればいいのですが、今回の機種は内蔵バッテリーの為、取り外せる人だけ取り外せばいいと思います。

別のACアダプターでパソコンが正常に起動できる場合やバッテリーに充電できる場合は、落とした際にACアダプターが壊れてしまったと思われます。
別のACアダプターに交換すれば、問題ないと思います。

逆にACアダプターを交換しても起動できない、もともと使っていたACアダプターが別のパソコンで使える場合
パソコン側の電源差し込み部分(DCジャック)の破損が考えられます。

修理・交換について

HP Pavilion 13-an1000の電源ジャックは独立した部品の為、交換する事が出来ます。
ただ、グラつきなどがある場合は、DCジャックを固定するプラスチック部分が破損している可能性もあります。
パソコンを分解して、DCジャック部分を取り外し、破損等を目視で確認します。

DCジャックを交換してもグラつく場合、樹脂などでDCジャックを固定するといいと思います。
(接着剤を使ってもいいと思いますが、接着剤だとやり直しができませんのでご注意ください)

HP Pavilion 13-an1000のDCジャックは単独部品の為、交換は容易ですが
機種によってはマザーボードに直接ハンダ付けされているものもあります。
ハンダ付けされているものは、ハンダを使いジャック部分を取り外す&取り付けが必要となります。
ハンダを使う際は、やけどに気を付けてくださいね!

 

関連記事

プロフィール

こんにちは、天衣れもです。

現在パソコン修理やトラブル対応の仕事に従事しています。
対応した件数は5000件以上です。
このブログでは、パソコントラブルや故障対応のノウハウを公開しています。◆動画も公開中◆

すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る