[記事公開日]2018/11/29

【Win10】パソコンの空き領域が少ない!不要データやプログラムの削除方法

パソコンの空き領域が少ない!不要データやプログラムの削除方法

パソコンの空き領域が少ない場合、不要なプログラムやデータを消すことで空き領域を増やすことができます。
可能であればハードディスクの増設や、ハードディスクの容量アップを考えてもいいかもしれません。

ディスククリーンアップを使って空き領域を確保する

まず、エクスプローラーを開き、左側に表示されている「PC」をクリックします。

Cドライブを右クリックし、プロパティを選択します。

ディスクのクリーンアップをクリックします。

ディスククリーンアップを実行すると 空き領域が〇〇GB増加します。と表示されていると思います。
削除するファイルの下に、チェックボックスがあり、自分でチェックをいれる事ができます。
これらのチェックを入れて、下にある「OK」をクリックすると、ディスククリーンアップは完了です。
ハードディスクの空き容量が増えていると思います。

システムファイルのクリーンアップを実行して、より多くの空き領域を確保する

※Windowsでは、新しいバージョンの更新プログラムをインストールした後でも、Windows Updateからインストールしたすべての更新プログラムのコピーを保持しています。
Windows Updateのクリーンアップを実行すると、領域を占有している不要になった古いバージョンの更新プログラムが削除または圧縮されます(コンピューターの再起動が必要になる場合があります)

古いバージョンに戻すことができなくなってしまいますので、削除する場合、注意が必要です。(通常は古いバージョンを削除してしまっても問題ありません)

エクスプローラーを開き、左側にある「PC」をクリックします。
Windows10がインストールされているドライブを右クリックして、プロパティをクリックします。

ディスクのクリーンアップをクリックします。

システムファイルのクリーンアップをクリックします。

削除するファイルを選んで「OK」をクリックすると、ファイルシステムのクリーンアップが始まります。

システムの復元とシャドウコピーを削除して空き領域を増やす

※システムの復元とシャドウコピーを削除すると、Windows10システムの復元などができなくなります。
Windows10のイメージバックアップなどを取得されている場合は特に問題ないと思いますが、バックアップデータ等がない場合はあまりお勧めできません。

Cドライブを右クリックしてプロパティをクリックします。

ディスクのクリーンアップをクリックします。

システムファイルのクリーンアップをクリックします。

その他オプションをクリックします。

システムの復元とシャドウコピーの所にある、クリーンアップを選択します。

これでかなりの空き領域が確保できるかと思います。
バックアップを取っていない場合は、システムの復元とシャドウコピーの削除はあまりお勧めできません。

プログラムと機能のクリーンアップを選択すると、プログラムの削除画面に進みます。
不要なプログラムがある場合、ここから削除する事ができます。

関連記事

メニューリスト

すべてを開く | すべてを閉じる
ページ上部へ戻る